心の安定にはたったひとつだけ【メンタルの教科書】変化に強くなれ!

心の安定を手に入れる【メンタル入門】自己愛が特効薬となる秘密
読者
読者

心の安定がほしい…。仕事やお金とかに振り回されない、強いメンタルになりたい・・・どうしたらいいの?

こんなお悩みにフォーカスし、解決します。

ぶっちゃけ、心の安定って、変化を受け入れる強さがかなり影響しますね。

なので変化を受け入れることができる人ほど、心の安定が維持できます。心が不安定な人には、今回紹介する思考法や行動は是が非でも覚えておきたい内容となっています。

本記事の内容
  • 心の安定に必要なものがわかる
  • 心の安定を促す3つの方法
本記事の信頼性

本記事を書いている僕は、母親の死や、大学中退、パワハラなどいろいろありましたが、悲観することなく「メンタルの平常運転」ができています。もちろん、落ち込み悲しみ苦しむのですが、実践的な「思考法」のおかげで、回復力が桁外れに高まりました。今回はその方法を解説していきます。

生きていたら嫌なことや、我慢できないこと、受け入れ難いことなど、たくさんあります。それでも、生き続ける限り前を向くしかないので、ある程度の「心の緩和剤」を持っていきましょう!

では、さっそくはじめます!

目次

心の安定に必要なもの

心の安定に必要なもの

心の安定を維持するなら変えられないものに目を向けるな

世の中に自分の影響が及ぶ範囲と、そうじゃない範囲が存在していて、変えられないことは受け入れると楽ですよ。

なぜなら、変えられないことはどう足掻いたって変えられないため、時間のムダ&疲労するだけだからです。

たとえばですけど、わかりやすく天気の話にしましょう。

「明日は結婚式だから絶対に晴れてほしい…」とか、「明日は会社行きたくないから大雪とか降らないかな…」とかは、完全にNGです!

他にも、

  • 大自然
  • 人間(相手)
  • 社会のルールや秩序

といったものは、変えられません。と言いますか、自分以外は基本的には変えられませんので、「自分を変化させる」という最短ルートを選びましょう。

心の安定に必要な「ないものを欲せずあるもので満たす」感覚!

人は欲望の塊なので、「足るを知る」ことで、諦める力をつけましょう。

隣の芝生は青いとよく言われますが、それは自分の幸せに目を向けていないからです。

足るを知るとは、老子(ろうし:中国の思想家)の言葉で、「無いもの」や「不足しているもの」に注目するのではなく、「足りてるもの」や「すでにあるもの」に注目するという意味です。

言葉のとおり、あなたの幸せは、「あなたの感じ方」に大きく影響されるので、あなたが「私は〇〇を持ってる」と自分の持っているものを探すことが心の安定の第一歩となります。

この機会に、「あなたが持っているもの」を思いつく限りノートに書き出してみましょう。きっと心がスッキリしますよ。

心の安定には他者比較ではなく自己比較

他者比較ではなく自己比較に目を向けましょう。

なぜなら自己比較に目を向けられることができれば、心が疲弊しないからです。

他人の「アレが羨ましいなぁ…」や、「私にはないからズルいなぁ…」などを、頻繁に考えてませんか?

上記の比較は他社比較ですが、自己比較へ変えると、以下になります。

「昨日は出来なかったけど今日はできる!」や、「今の自分にはできないから、よし勉強してみるか!」という、ポジティブな気持ちへと変わります。

ですので、つい他人と比較してしまったら、「おいおい、自分と比較しとけや」と、心の中でツッコミを入れましょう。このツッコミを入れる方法は【人生逆転】メタ思考を本から学べ【鍛え方のコツ3選】 で、詳しく解説しているので、こちらも合わせてご覧ください。

過去の自分と比較するのが大切です。振り返る習慣をつけましょう!

心の安定を促す3つの方法

心の安定を促す3つの方法

心の安定には生活リズムを整える必要がある

結論、心の安定には「生活リズム」が大きく関係してきます。

なぜかというと、心の安定とはすなわち「正しい睡眠や食事」をしつつ、自分のペースで生きる必要があるからです。

そのために、

  • 早寝早起き
  • 暴飲暴食をしない
  • マイペースを作りだす生き方

などが必要となってきます。詳しくは【生活リズムを整える】今日から実践できる3つの方法【実例あり】で解説していますので、合わせてご覧ください。

心の安定は夢中になるものを見つけハマることが手っ取り早い

人は何かに没頭していると、良くも悪くも周りが見えなくなりますが、それを利用しましょう。

なぜなら、人は「何かに没頭している時間」は心が安定するからです。

たとえば、小学校低学年の子供の頃って、その瞬間を生きていませんでしたか?

「明日の国語の授業だるいなぁ」とか、「昨日ママに怒られて悲しかったなぁ」とか、未来や過去のことに囚われることなく、「今」を生きていませんでしたか?

人は、「今この瞬間」に意識を向けることができれば、ストレスだった過去や未来のことも忘れられます。

なので、あなたが心が不安定だと感じている時こそ、あなたが「夢中になれるもの」に時間を割いてみましょう。

心の安定には本から知見を学び自己強化が有効

ズバリ、読書を習慣化させて「自分の知らない思考法」を取り入れた方が生きやすいですよ。

言ってしまえば、あなたの思考回路はあなたの体験ベースでしか答えが出せないからです。

読書をすれば、さまざまな視点から物事を捉えることができるため、そのぶん心の緩和剤が多くなり物事に対して柔軟な対応ができるようになります。

とはいえ、「でも、どんな本を読めばいいのかわからない」という方には【環境を変えたい人必読】本まとめ5選【結論アウトプットが全て】 でまとめています。

活字が苦手な方は、マンガから始めるのも全然アリだと思うので、「これ面白そう」と思えるものから始めてみるとよいですよ。

心の安定を手に入れる話のまとめ

心の安定を手に入れる話のまとめ

本記事の内容をおさらいしてみましょう。

  • 変えられないものに目を向けず、あるもので満たされる感覚が大切
  • 生活リズムを整え、他者比較ではなく、自己比較を意識する
  • 本から学びを得つつ、自己強化し、夢中になるものに時間を割く

心の安定はいきなり生まれるものではありませんし、継続的な努力が必要です。

とはいえ、一気に全てをすると疲れるので、ひとつずつこなしていくことをおすすめします。

たとえば、とりあえず読書だけしてみるとか。先ほど紹介した【環境を変えたい人必読】本まとめ5選【結論アウトプットが全て】 から、自分が読みたい本を探すのもよいですし、今なら初回30日間は無料であるKindle Unlimitedで、知りたい分野の本をひたすら読みまくって、飽きたら解約するというのも、わりとアリかと。

では、今回は以上となります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひぜひ拡散をお願いします!!!

この記事を書いた人

Blogger/Camper/Roaster/Engineer/VideoCreator|《YouTube recipe channel》【すべて心の在り方次第|失敗が成功の母なら後悔は成功の父】好きな言葉→飛花落葉

コメント

コメントする

目次
閉じる