【焚き火】キャンプで必要な薪の量を燃焼時間一覧で解説!薪1束2時間

悩んでいる人

キャンプに持っていく薪の量がわからない。目安とかあるなら教えてほしい。

こんなお悩みを解決します。

結論、少し多めに持っていきましょう。

多くて困ることはないが、少なくて困ることはたくさんあるからです。

「どのくらい?基準がわからないんだけど・・・」という方は、本記事を読み終わる頃には、キャンプに必要な薪の量をマスターしていますよ。

本記事の内容
  • 適切な薪の量がわかる
  • 薪の心配から解放される話
  • 薪を購入したら行動すること
✔本記事の信頼性

ブログ運営者はキャンプ歴2年で、月に1度はキャンプへ行くヘビーキャンパーです。ソロキャンプも、ファミリーキャンプも経験があります。

ちゃとです!

さぁ、さっそくみていきましょう!

目次

【焚き火】キャンプで必要な薪の量を燃焼時間一覧で解説

キャンプに必要な薪の量は決まりがある【多くて困ることなし】

持っていく薪の量は状況によって一概には言えませんが、ある程度の目安はあります。

一言でいえば、多くてこまることはありませんよ。

適切な薪の量を解説

結論、キャンプスタイルによって変わります。

なぜなら、焚き火台の大きさによって薪の量が変わるからです。

また、1泊なのか連泊なのかで大きく変わります。

今回は1泊するという仮定で話を進めています。

上記のとおりキャンプスタイルによって変わるので、ソロキャンプとファミリーキャンプの2通りを下記で解説します。

そもそもホームセンターで売られている薪一束でどれくらいもつ?

まず、ホームセンターで一束500円〜800円程度で売られている薪は、2種類存在します。

  • 針葉樹:火が付きやすく、燃焼時間が短い
  • 広葉樹:火が付きにくく、燃焼時間が長い

針葉樹のほうが若干安いです。そしてちょっと燃焼時間も短いです。キャンプ場の気温や、薪の太さや組み方、焚き火台の特性や大きさなどにもよりますが、広葉樹を持っていくほうが無難ですね。燃焼時間の目安としては、

  • 針葉樹の薪で一束、1〜2時間
  • 広葉樹の薪は一束、3〜4時間

あくまでも目安なので、注意してくださいね。薪の量について不安な方は、キャンプ場で薪を販売しているところもあるので、事前に電話して聞いておくことをおすすめします。

ソロキャンプ

薪の量は、最低でも2締め必要です。(ホームセンターなどで1締め700円程で販売されています)

コンパクトな焚き火台だとしても、1日で1締めは確実に使うからです。

なので念のために、2締め必ず持参しましょう。

ファミリーキャンプ

薪の量は、3締め必要です

ファミリーキャンプ用の焚き火台だと、大きさにもよりますが、1締めはあっという間になくなるからです。

たとえば、「焚き火を楽しむだけ」だったり、「夜の間だけしか焚き火しない」のであれば、2締めで十分かと思います。

ですが、「早い時間から焚き火も楽しむし、料理も焚き火でするし…」という方は、念のため3締め持っていくことをオススメします。

特に季節によりますが、寒い季節にキャンプへ行くのなら、命に関わるため予備を持っていきましょう。

薪はキャンプ場で販売されている?

キャンプ場によっては薪が販売されています。

親切ですよね。

キャンパーが薪不足にならないように配慮の気持ちからだと思います。

また、ルールを守らないキャンパーがキャンプ場の木々を切って使用する可能性を低くするためでもあります。

キャンプ場利用者の立場からすると、薪を持参する必要がなく荷物を減らせるので、大変ありがたいです。

>>キャンプやコテージ等のアウトドア施設の予約なら【TAKIBIキャンプ場予約】

キャンプ場によっては、森の中に落ちている倒木や枯れ木の使用許可が降りている場所もあります。詳しくは上記で行先のキャンプ場のHPを確認してください。

キャンプに必要な薪の量がわかったら次にする行動

キャンプに必要な薪の量がわかったら次にする行動

薪を片手にキャンプ場で唖然として立ち尽くす…。

これだけは避けましょう笑

最悪の場合、近くのキャンパーに助けを求めれば借りることもできますが、忘れないようにしましょう。

また、割ってある薪を持参するのなら話は別ですが、基本的に薪は割る必要があります

大量の薪を割るためのキャンプギア

「キャンプは薪割りすらも、楽しい!」

そう言えるのは、よく切れる薪割りのギアを持っている方に限ります。

「じゃあ具体的に薪ってどうやって割るの?」という方はこのまま読み進めてください。

薪割りのギアは下記のとおりです。

  • ナイフ
  • クサビ
  • 斧(おの)
  • 鉈(なた)

4種類あげましたが、初心者の使用を考慮すると、万能性に優れたナイフを1本持っていくのがよいです。

キャンプ中級者や上級者になってくると、斧が多くなりますが、初心者は薪割り以外もいろいろと手慣れていないことがあるからです。

「じゃあ具体的に、薪割りのキャンプギアってどれがいいの?」という方は、【保存版】キャンプで薪割りする為の情報を網羅【初心者向け】 で、詳しく解説しています。

【焚き火】キャンプで必要な薪の量を燃焼時間一覧で解説まとめ

キャンプに必要な薪の量がわかったら次にする行動

本記事では、キャンプに行く際の必要な薪の量について解説してきました。

まとめると、

  • 薪はホームセンターで1締め700円程で売られている
  • ソロキャンプ1泊なら2絞め
  • ファミリーキャンプ1泊なら3絞め
  • キャンプ場によっては販売されている所もあるのでHPを確認

車に積めるのなら、なるべく多くの薪を持っていきましょう。

ちまちまと薪を使うのは楽しめませんので笑

ちなみに、キャンプは当然天気もかわりやすく不安定です。事前に準備しておくと便利な物が多々あります。詳しくはキャンプ中の雨には必需品がある!これさえ見れば安心【初心者のあなたへ】をご覧ください。

では、今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひぜひ拡散をお願いします!!!

この記事を書いた人

Blogger/Camper/Roaster/Engineer/VideoCreator|《YouTube recipe channel》【すべて心の在り方次第|失敗が成功の母なら後悔は成功の父】好きな言葉→飛花落葉

コメント

コメントする

目次
閉じる