【コロナ除け】アウトドアのおすすめはキャンプ一択【都会人向け】

悩んでいる人

アウトドアのおすすめを教えてほしい。インドア派だから、なるべく敷居が低いアウトドアを始めたい。

こんなお悩みにフォーカスし、解決します。

本記事の内容
  • アウトドアのおすすめはキャンプ一択
  • アウトドアのおすすめはキャンプ「都会人向け」
✔本記事の信頼性

本記事を書いている僕は、キャンプ歴3年です。都会から田舎へ移り住んだ視点も踏まえて、体験談として参考にしてもらえたら嬉しいです。

ちゃとです!

「キャンプもっと早くから始めとけば良かったぁ…。」一度体験したら、そう確信すること間違いなしです。

キャンプの悪いイメージとして先行しているのが、「テントや道具を揃えるところから始まる」です。ぶっちゃけ、そんなことないです。手ぶらでキャンプを楽しめるグランピングというサービスもありますし。

とはいえ、アウトドアは道具や装備が必須なことが多いため、なかなか一歩踏み出せないのも事実。その中でも、キャンプほど敷居の低いアウトドアはないです。

本記事を読むことで、なぜ「アウトドアのおすすめがキャンプ」なのか、「都会の人ほどキャンプにハマる」のかを、理解出来るかと思います。

それでは、さっそくはじめましょう!

目次

アウトドアのおすすめはキャンプ一択

アウトドアのおすすめはキャンプ一択

キャンプしたことない人はとりあえず一度体験してみてほしい。心のバランスを調節してくれますよ。

なぜキャンプ一択なのか?

アウトドアのおすすめは、キャンプ一択ですね。

なぜなら、キャンプ場は全国にあり、手ぶらでも始められるアウトドアだから。

  • 非日常を体験できる
  • ネットで道具がレンタルできる
  • 道具なしでもキャンプできるグランピングがある

アウトドア初心者は「道具のこと」で悩みがちなので、一切気にしなくても始められるキャンプは、ビギナーにはもってこいですよ。一応レンタルも考えたいという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
キャンプ全部レンタルOK【新スタイル?グランピングが今人気な理由】 読者 キャンプに行きたいんだけど、一から全部レンタルってできるの?あと、費用とかレンタルするサイトもあわせて教えてほしい。 こんなお悩みにフォーカスし、解決し...

さらにキャンプの魅力は、

  • 密を避けてコロナ対策
  • 森林浴でヒーリング効果
  • BBQや焚き火といった青空料理

ぶっちゃけ、1泊しかしないのは勿体ない。せめて2泊はするべきです。心も体もリフレッシュできるアウトドアは唯一キャンプだけ。キャンプの始め方については以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
キャンプの始め方で失敗しない為には?【結論:最初に買い過ぎない】 悩んでいる人 キャンプを始めたい。なにから手をつければいいのか分からない。必要な道具とかも教えてほしい。 こんなお悩みにフォーカスし、解決します。 本記事の内容...

フリーサイトor区画サイト?どっちがいいの?

まずフリーサイトは「どこでも好きな場所にテント張ってOK」で、区画サイトは「決められた土地でテントを張る」こと。

結論、スタイルによりけり。おすすめはフリーサイトです。

理由は、テントの周りの余白を楽しめるから。

フリーサイトの特権は、

  • 閉鎖感がなく開放的
  • 雄大な大自然の土地を広々つかえる
  • 木を使ってハンモックしたり行動が自由

AC電源などが必要なキャンプスタイル以外は、基本的にフリーサイトがおすすめですよ。

オートフリーサイトは、車やバイクでテント横まで行けるが、フリーサイトはテントのみです。

アウトドアのおすすめはキャンプ「都会人向け」

アウトドアのおすすめはキャンプ「都会人向け」

都会の喧騒からはなれ、一度キャンプを体験したら、あなたはもう大自然の虜です。

都会からの大自然は感動が数倍

キャンプは正直、都会に住んでいる人向けですね。

なぜなら、広大な自然を普段目にすることがなく、非日常感を味わえるから。

そのほかにも、

  • 森や川の匂い
  • 鳥やセミの鳴き声
  • 土を踏み締める感触や音

森の中のキャンプ場だからこそ、味わえる感動がそこにあります。子供の頃に返ったような気持ちで、のんびりと過ごせるキャンプは、都会の喧騒からはなれるにはピッタリですよ。

不便を楽しむキャンプのギャップにハマる

なぜ都会の人ほどハマるのか?

それは、キャンプでは不便の連続だから。

たとえばキャンプ中は、

  • 火を熾す
  • 水を確保する
  • 雨風を凌ぐテントを張る

すべて自分しか頼れるものはいない。逆を言えば、すべて自分次第ということ。自由度が高いため、達成感や満足感を得られやすいです。

文明の利器に囲まれた生活に馴染みが深い都会の人ほど、逆にキャンプの不便さや自由度の高さに魅了されるというわけです。

アウトドアのおすすめのまとめ

アウトドアのおすすめのまとめ

本記事の内容をおさらいしてみましょう。

  • キャンプ一択の理由は、全国にキャンプ場があり、手ぶらでも楽しめるグランピングというサービスもあるから
  • キャンプ場を選ぶ際は、オートフリーサイトがおすすめ
  • 都会の人ほど、普段とのギャップに心を奪われハマりがち

密を避けてのんびり過ごせるのは、キャンプだけ。週に一度、森の中を1時間散歩するだけで、ストレス軽減効果があります。であれば、キャンプへ行ったら癒し効果は想像の斜め上をいくでしょう。要注意です笑。

それとキャンプ道具の心配はなくなりましたね。キャンプ用品レンタルならそらのした でOK。むしろ手ぶらのほうが気が楽という方は、グランピングで予約すれば、あとは現地へ向かうだけです。

満点の星空なのか、はたまたあいにくの天気なのかは、あなた次第です。では、今回は以上となります。いってらっしゃい!

あわせて読みたい
キャンプ中の雨には必需品がある!これさえ見れば安心【初心者のあなたへ】 悩んでいる人 キャンプでの雨対策って何を準備すればいいの?焚き火とかできるの?初心者にもわかりやすく教えて欲しい。 こんなお悩みを解決します。 本記事を読むと、...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひぜひ拡散をお願いします!!!

この記事を書いた人

Blogger/Camper/Roaster/Engineer/VideoCreator|《YouTube recipe channel》【すべて心の在り方次第|失敗が成功の母なら後悔は成功の父】好きな言葉→飛花落葉

コメント

コメントする

目次
閉じる