キャンプで焚き火を使って焼き芋を作る方法【失敗したくない人必見】

悩んでいる人

焚き火で焼き芋の作り方が知りたい。あと、必要なツールや持ち物もあれば合わせて知りたい。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容
  • 焚き火で焼き芋の作り方がわかる
  • 必要なツールや持ち物がわかる
✔本記事の信頼性

ブログ運営者はキャンプ歴3年で、月に一度はキャンプへ行く、アウトドア派。ソロキャンプ、ファミリーキャンプの経験者。

ちゃとです!

本記事を読み終わる頃には、持ち物から手順まで一通り把握することができますよ。

さぁ、それではいきましょう!

目次

キャンプで焚き火を使って焼き芋を作る方法【失敗したくない人必見】

キャンプで焚き火を使って焼き芋を作る方法【失敗したくない人必見】

焼き芋に必要なツール

結論、焚き火台は欠かせません。

キャンプ場のほとんどが、直火(地面に薪を置いて燃やす)での焚き火を禁止しているからです。

直火は自然破壊にも繋がるので、許可の下りたキャンプ場でしか行えません。

もし、知らなかったとしても直火禁止のキャンプ場で、直火で焚き火をしてしまった場合は、罰金などのペナルティが発生することもありますので、キャンプ場の利用方法をよく見てくださいね。

焚き火台には様々な形や大きさのものがあり、一概にこれが良い!というものはありません。

ですが、その中でもハズレのない選び方をするならば、下記のとおりです。

ソロキャンプ用

笑’sコンパクト焚き火グリルB-6君です。

笑’sコンパクト焚き火グリルB-6君

一時期キャンプブームがありましたよね?

あのブームの始まりは、アニメゆるキャンと言われています。

女子高生がソロキャンプを始めるストーリーなのですが、その主人公の愛用品がこちらの笑’sコンパクト焚き火グリルB-6君です。

その名前どおり、用紙のB-6サイズにまで折りたため、収納時のサイズはわずか18㎜という、超コンパクトギアです。

私も愛用しているのですが、ソロキャンプにはちょうど良いサイズ感となっています。

笑’sというロゴが炎で美しく光っていますよね。実際に生で見たら感動しますよ(^^)

続いては、ピコグリル398です。

ピコグリル398

出典 : CAMP HACK

こちらも有名で、キャンプ芸人のヒロシさんが長年愛用されています。

本体重量が約450gという、少しでも重量を減らしたいソロキャンパーには嬉しい商品です。

薪をある程度長いまま使用できるので、長時間の焚き火が可能なのもポイントですね。

何度も焚き火の手入れをしなくても良いので、放置して読書も楽勝です。

自然界には、「火」というものは元々ありあません。なので、野生動物は熊ですら、火を恐れると言われています。なので焚き火はなるべくすることをオススメします。

グルキャン用焚き火台

「大は小を兼ねる」と言うくらいなので、グルキャンの場合は、大きいに越したことはないです。

定番商品がこちら、LOGOS the ピラミッドTAKIBIです。

LOGOS the ピラミッドTAKIBI

出典 : こどもと暮らし

愛用している方が多く、YOUTUBEでもたくさんの動画を観ることができるので、使い方も安心です。

また、焚き火だけではなくバーべキューやダッチオーブンにも対応しているので幅広い調理が楽しめます。

焚き火台は用途に合わせて複数持つのが理想ですよ。

しつこいようですが、ほとんどのキャンプ場では直火は禁止されているので、焚き火台で焚き火をしましょう。

焼き芋に必要な持ち物

必要な持ち物を細かくしてリスト化しました。

下記を参考にしてください。

  • 竹串
  • 新聞紙
  • 着火剤
  • 火吹き棒
  • サツマイモ
  • 軍手2枚以上
  • アルミホイル

新聞紙とアルミホイルはどちらか一つあれば大丈夫です。

ですが、念のため両方持っていくことをオススメします。

焚き火で焼き芋を作る方法

焚き火で焼き芋を作る方法

焼き芋を作る手順

ざっくりと解説すると、下記です。

  • 焚き火台をセットする
  • 着火剤を置き、火をつけ薪(針葉樹)を追加する
  • 火吹き棒で火力を強め、木炭を追加する
  • サツマイモを水で濡らし、アルミホイルで包む
  • 30分〜1時間放置する
  • 30分経ったら焦げと、竹串を刺して中身を確認する
  • お好みの焼き加減に調整する
  • エンジョイ!

炭の量が多い場合は、20分経って一度焦げていないかの確認をしましょう。

焼き加減が足りない場合は継続して焼けば問題ありませんが、焦げてしまうと途端に固くなってしまうので、気をつけてくださいね。

気をつけるポイント

ズバリ、火加減です。

薪を追加することなく、見守りましょう。

なぜなら、焼き芋は炭の中に放置しておくだけで完成するからです。

特に注意しておきたいのが、風が吹いて炭から炎が立ち上がってしまったら、すぐに取り除いてください。

炎が燃えている状態は失敗してしまいます。

それともう一つポイントがあります。

アルミホイルの厚さです。

薄すぎてしまうと焦げてしまい、厚すぎてしまうと焼き芋が完成しません。

新聞紙なら必ず、2〜3枚は巻きましょう。

スーパーなどで売られている、市販のアルミホイルも同じくです。

初めてならできれば、スーパーに売っている焼き芋専用のアルミホイルを買っておくことで、失敗を防ぐことができます。

まとめ

焚き火で焼き芋を作る方法

本記事の内容を振り返ってみると、

  • 焚き火台は必須
  • 持ち物リストを参照する
  • 火加減を気を付ける

これらのことを踏まえた上で、思い出に残る素敵なキャンプを送ってください。

ちなみに、山の天気は変わりやすいので、キャンプの雨対策もしておくと良いですよ。詳しくは以下で解説しています。

あわせて読みたい
キャンプ中の雨には必需品がある!これさえ見れば安心【初心者のあなたへ】 悩んでいる人 キャンプでの雨対策って何を準備すればいいの?焚き火とかできるの?初心者にもわかりやすく教えて欲しい。 こんなお悩みを解決します。 本記事を読むと、...

今回は、以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひぜひ拡散をお願いします!!!

この記事を書いた人

Blogger/Camper/Roaster/Engineer/VideoCreator|《YouTube recipe channel》【すべて心の在り方次第|失敗が成功の母なら後悔は成功の父】好きな言葉→飛花落葉

コメント

コメントする

目次
閉じる