人生あっという間に感じる3つの理由と後悔しない5つのコツ

悩んでいる人

人生あっという間な気がする。なのに、特にたいしてなにも成せていない。こんな人生でいいのだろうか?後悔はしたくない。でも、どうすればいいか分からない。なんか後悔しないコツとかあれば教えてほしい。

              

仙人

ふぉっふぉ。気付いたかの?いまから教えることを実践すれば、間違いなく人生が充実する。特に、時間を濃密に感じてな。素敵な一年を送るのじゃ!

  • 人生を充実させたい
  • 時間をムダにしたくない
  • 後悔したまま死にたくない
  • 自分が生きた証を残したい

本記事では、人生をあっという間に感じてしまう原因を徹底解説しつつ、後悔しないための5つのコツをご紹介します。

目次

人生あっという間に感じる3つの理由

そもそも”時間”とはなんだろう?誰かの決めたルール?過去から未来へ時間は流れている?

振り返るたびに増える過去

長く生きればそれだけの「過去」が増える。増えるからこそ、振り返ることのできる思い出が多くなり、時間の経過を感じる。つまり、あっという間に感じるのだ。

  • 10歳では3650日
  • 30歳では10950日
  • 50歳では18250日

10歳よりも、50歳のほうが過去は多い。だから歳を重ねた人のほうが、あっという間だと錯覚しやすいのだ。

刺激のないルーティンの繰り返し

毎日同じ作業だけだと脳も体も心も老ける。なぜなら、刺激のないルーティンによってロボットのように生きるからだ。

たとえば以下のような日々のことをさす。

  • 出勤する時間も道すじもすべて同じ
  • 会う人や会話をする人も固定化されている
  • 毎日に学びがなくダラダラと時間を消費する

これでは人生の無駄遣いだ。時間は有限であって、二度と戻らない尊いものだということを忘れてはいけない。

新しいチャレンジをしなくなった

ここ最近、挑戦をしているだろうか?守りを固めて、現状を維持することに全力を注いでいないだろうか?

そんな大それた挑戦でなくてもよい。わりと簡単な小さい夢でもよいのだ。なぜなら、挫折しなくて済むから。

たとえば、以下のようなパターンに陥ってはいけない。

  • 大きすぎる夢を掲げる
  • しなくても良さそうな目標を立てる
  • いまさら遅いと自分の気持ちに蓋をする

とはいえ、現実が忙しすぎて、夢を見つける時間も労力もないという方が多いと思う。そんなときは、断捨離をしてほしい。

あわせて読みたい
【実体験】断捨離は人生が好転するキッカケになる【リスクなし】 今の生活に不満があるから断捨離して人生をうまくいかせたい。でも何を捨てればいいのか分からない。それに本当に人生が好転するの? こんなお悩みにフォーカスし、解決...

人生は限られている時間の中でのゲームだということを再認識するキッカケとなってほしい。

人生あっという間だったと後悔しない5つのコツ

なにもしないことが後々の後悔へとつながります。行動することが大切。

マインドフルネスで”今”に集中する

現在のなかでも、「いまこの瞬間」に意識をむけることをマインドフルネスといいます。これを実践しましょう。なぜなら、後悔を考えている間は「過去」に意識を捉われているから。

  • 楽な姿勢で座って目をつぶる
  • 深呼吸しながら意識を呼吸にむける
  • 余計なことが思い浮かんだらまた意識を呼吸にむける

このループを繰り返しながら、最初は5分ほど呼吸に集中してみること。慣れてくれば10分、15分と徐々に伸ばしていけばより効果的。

マインドフルネスで「今この瞬間」に意識を集中し、過去の後悔を頭の中から消し去るべき。

ルーティンを崩して刺激をバラバラにする

毎日のルーティンはガチガチに固めず、ある程度変化させるべき。なぜなら、刺激のない毎日を過ごすと時間があっという間に過ぎ去るから。

たとえば、以下のようなルーティンがおすすめ。

  • 通勤経路をたまに変える
  • 食べるものや着る服を変える
  • 会う人や読む本を変えて視野を広げる

ルーティンが人となりを創りあげるので、なりたい自分を逆算してルーティンに取り入れるのがベスト。その際、固定化させずある程度の変化をもたせるのがよい。

新しいチャレンジを毎月ひとつ取り入れる

人生に刺激を与えるため、毎月ひとつ新しいチャレンジをするとよい。なぜなら、刺激によって毎日が充実し、振り返る思い出が増えるから。

たとえば、以下のような挑戦が望ましい。

  • 新しいジャンルの勉強
  • 行ったことのない場所へ旅行
  • やったことのないアクティビティ

どれも完璧を求めなくてよい。学びたい本を読んだり、新しい場所で新鮮な景色を見たり、触れたことのない体験をしたり。

人生に彩りを与えるのは、いつだって刺激だ。そういう意味でも、毎月新しい挑戦を試みることで、人生が豊かになっていくはずだ。

安定を求め過ぎずノータスクをやめる

安定を求めたら、時間はあっという間に過ぎ去っていく。だから、適度にタスクをこなす必要がある。その日にやるべきことがない1日は、あとで振り返っても思い出せないからだ。

たとえば、以下のような簡単なことでいい。

  • 運動不足を解消するために軽く走る
  • メンタルケアのために森へ出かけ森林浴する
  • 散らかったクローゼットを片付ける(そのための片付け術の本を読む)

上記は一例に過ぎない。あなたの興味関心があることを、ひとつひとつ片付けていけばいい。後悔しないためにも、1日を大切に過ごすことだ。

夢を見つけ追いかけ努力する

夢は人に活力を与える。だから、夢を見つけ追いかけよう。なぜなら、夢を追いかけ努力すれば人生が濃密になり、あっという間だと感じなくなるから。

たとえば、以下のような感じ。

  • 副業で月3万円稼いで毎月旅行へ行く
  • 田舎へ移住してのんびり優雅に生きる
  • パートナーを見つけて人生を謳歌する

どれも努力すればいずれ叶う。叶えるために細分化し、やるべきことを書き出すのだ。そして、日々のタスクに落とし込み、人生を充実させる。

夢は人に希望を与え、思い出を作る。あなたの夢きっとまだ眠っている。ぜひ思い出してみてほしい。

人生あっという間に感じる3つの理由と後悔しない5つのコツまとめ

本記事の内容をおさらいしてみよう。

  • 振り返るたびに増える過去
  • 刺激のないルーティンの繰り返し
  • 新しいチャレンジをしなくなった
  • マインドフルネスで”今”に集中する
  • ルーティンを崩して刺激をバラバラにする
  • 新しいチャレンジを毎月ひとつ取り入れる
  • 安定を求め過ぎずノータスクをやめる
  • 夢を見つけ追いかけ努力する

人生をあっという間に終わらせないためにも、今日から行動するべきである。なぜなら、「行動しなきゃ」と、感化された気持ちは、数日後には無くなってしまうから。

まずはスモールステップ。毎月の刺激に変化を与えてみよう。おすすめは断捨離。スマホを1日使わないなども、逆に刺激的だと思う。以下の記事もぜひ参考にしてみてほしい。

あわせて読みたい
【体験談】人付き合いが苦手な僕がLINEをやめると人生が好転した話 LINEをやめたい…と思いつつも勇気が出ない。というか、本音ではやめるつもりはない。でも正直、疲れた…。実際LINEやめたら、どうなっちゃうのか知りたい。 こんなお悩み...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひぜひ拡散をお願いします!!!

この記事を書いた人

Blogger/Camper/Roaster/Engineer/VideoCreator|《YouTube recipe channel》【すべて心の在り方次第|失敗が成功の母なら後悔は成功の父】好きな言葉→飛花落葉

コメント

コメントする

目次
閉じる