【体験談】プログラミング独学で転職はムリ【超えられない壁アリ】

悩んでいる人

プログラミング独学して、なんとか未経験から転職したいんだけど、できるのかな?スクールとか通ったほうがいいの?

こんなお悩みにフォーカスし、解決します。

本記事の内容
  • プログラミング独学で転職はムリな理由3選
  • プログラミング独学で転職は諦めて早々にスクールへ通うべき理由3選
✔本記事の信頼性

アラサーでエンジニア転職を試みるも、道半ばで挫折した経験者。Progateやドットインストールを駆使して独学した者。

ちゃとです!

結論、未経験から独学はムリです。なぜなら、心が折れるから。

本記事は、まだコーティングしていない初学者向けの記事の内容となっており、よく聞く「プログラミング挫折」や「未経験からの転職」について網羅できる内容です。

それでは、さっそくはじめましょう!

目次

プログラミング独学で転職はムリな理由3選

プログラミング独学で転職はムリな理由3選

全ての責任は自分にある。その上でやるべきタスクをこなしゴールへと向かう精神力が必要。別分野での独学経験者ならもしかしたらイケるかも。

未経験エンジニア募集の求人が少ない

そもそも論。未経験を雇ってくれる企業が圧倒的に少ないです。

なぜなら、未経験者は力不足だから。これに尽きます。

企業側が最低限ほしい人材は、

  • コミュニケーションがとれる
  • HTML&CSSが扱える(マークアップ言語)
  • JavaScript/PHPが扱える(プログラミング言語)

ハッキリ言って独学で勉強できるのはHTML&CSSまで。プログラミング言語については、教えてくれる人がいないと完全に詰みます。

とはいえ、最近ではUdemyなどの有料動画講座でオンラインで学べるので、わりかし続けやすくはなっています。また、都会に比べて地方は求人の母数も少ないため、地方住みの方はより厳しい戦いになるかと。

ある程度のポートフォリオが必要

未経験から転職する場合、ある程度のポートフォリオが必須

なぜなら、企業側はポートフォリオの出来栄えから未経験者の実力を測るから。

  • 自己紹介サイト
  • 独自のWebコンテンツ

これらの独自性や技術の選択、「目的は何なのか?」を明確にしているコンテンツほど、評価されやすいです。

初学者だとポートフォリオの作成で、設計から実装まで約3ヶ月はかかります。もちろん、ポートフォリオだけでなく、プログラミング言語の勉強も両立していかなければならないので、わりとハードなのも挫折ポイントですね。

メンターやサポーターがいないから続かない

一人で続けるとエラーの連続で超えられない壁にぶつかります。ここも独学の挫折ポイント。

なぜなら、教えてくれる人や、一緒に詰まったプログラムを解決していく仲間すらいないから。

その点スクールでは、

  • メンターに質問し放題
  • 仲間と情報共有し解決策を見出す

独学とスクールに通うのでは、明らかに継続率の高さが違いますね。人に聞けばサクッと解決したかもしれない問題を、一人で何時間もかけて取り組むのはナンセンスかと。

プログラミング独学で転職は諦めて早々にスクールへ通うべき理由3選

プログラミング独学で転職は諦めて早々にスクールへ通うべき理由3選

独学の最大のネックは時間がかかること。半年〜1年はかかります。そこまで時間をかけられない方はスクール一択です。

提携している企業の求人を紹介してもらえる

ごく一部ですが、転職サポートとして企業の求人を紹介してもらえます。

また、プログラミングスクールによって詳細は異なりますが、転職率98%の実績を出しているテックキャンプは、面接のサポートや履歴書作成のアドバイスなども幅広くカバー。その他の有名なプログラミングスクールは以下です。

あなたの学び方や地域に合わせて、スクールも検討すると良いかと。

ある程度のポートフォリオ作成ができる

未経験からエンジニア転職するならば、100%ポートフォリオが必要。そのポートフォリオはスクールに通うといち早く作成できる。

なぜなら、ポートフォリオ作成の流れをカリキュラムにそって、スクールを「卒業する成果物」として、仲間と一緒に進めていくから。

  • 全体の設計
  • ワイヤーフレーム
  • コーディング
  • サーバーとの連結

独学だと「基本の流れ」が分からないので調べる必要があるが、スクールだと講師に聞いたり、仲間と情報共有できるため、行動が可視化され分かりやすい。ポートフォリオ作成においてもスクールはメリットがアリです。

仲間や同期がいて支え合いながら頑張れる

なによりもプログラミング独学の挫折が多いのは、途中で心が折れること

なぜなら、一緒に学び支え合い鼓舞しあえる仲間がいないから。

その点スクールに通えば、

  • 同期という仲間が見つかる
  • 仲間と共に勉強を進められる
  • 情報共有をし合い止まらずに進める

ゴールの見えないマラソンをたった1人で走るよりも、隣で一緒に走っている仲間がいる方が心強いですよね。つまり、スクールは「辞めにくい環境」も手に入れられるから、独学よりもやり抜きやすいです。

プログラミング独学で転職はムリな理由についてのまとめ

プログラミング独学で転職はムリな理由についてのまとめ

本記事の内容をおさらいしてみましょう。

  • そもそも未経験エンジニア募集の求人が少ない
  • 面接にはある程度のポートフォリオが必要
  • メンターやサポーターがいないから挫折しがち
  • スクールだと求人紹介されたり、ポートフォリオ作成の流れを掴めたり、仲間と勉強でき辞めにくい環境が手に入る

僕のエンジニア転職失敗の経験から、エンジニア転職したい方は、今すぐにでもスクールへ通うべき。

なぜなら、お金は取り返せても時間は戻らないし、独学は失敗のリスクが高く後悔しやすいから。

要は、「本気でエンジニアになりたい」と思うなら、脳ができない理由を探す前にポチッと応募して、辞められない環境へと飛び込むべき。本記事では、体験談からわかった事実をご紹介してきました。

有名なスクール一覧は以下。あなたの参考になれば幸いです。

では、今回は以上となります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひぜひ拡散をお願いします!!!

この記事を書いた人

Blogger/Camper/Roaster/Engineer/VideoCreator|《YouTube recipe channel》【すべて心の在り方次第|失敗が成功の母なら後悔は成功の父】好きな言葉→飛花落葉

コメント

コメントする

目次
閉じる